医療費を抑えた性病検査と治療

開放的な季節になったり、また合コンなどで良い雰囲気になり、一夜限りの関係をした経験を持った経験がある人が心配になるのが性病です。発症はしていないけれど、気になる人もいるでしょう。そんな人にこそ検査が必要です。しかしその検査は保険診療ができないケースがあります。そうなると自己負担となり、多額の医療費が掛かります。そのようなことにならないためにも、医療費を抑えた性病検査があります。

保険診療ができないケース

性病と思わしき症状が出ないことも多いのが性病の特徴です。女性は特にその傾向が強く、そのままにしておくと不妊の可能性がある怖い病気です。放っておくのが一番悪いことですので、心当たりがあるなら早めに検査をすることをおすすめします。また裏ワザとして病院に行くときに「性器がかゆい」と言って検査することも可能ですが、性病が発覚しなかった場合、保険診療にならず自己負担になる可能性もあります。

便利なキットを使って検査してみよう

病院によって費用が異なりますが、多くは検査キットを使った方が保険診療ができないケースよりも安上がりになることが多いです。この検査キットは自宅で性病検査ができます。分泌液や少量の血液で検査することができる便利なキットになっています。検査をした後は郵送して結果を持つことになります。本人しかわからないようになっていますので、誰にも発覚されないことから人気を集めている検査キットです。

もし性病が発覚した場合の対処

そこで性病と結果が出た場合の一番良い対策は病院に行って正しい治療をすることです。しかしお金がない、恥ずかしいといった気持ちもあるでしょう。そんなときは、個人輸入のかたちで医薬品を取り寄せて、服用することもできます。個人輸入代行業者を利用することで、格安の医薬品を購入できます。クラビットは代表的な性病治療薬です。クラビットのジェネリック医薬品もありますので、病院よりも安く入手することが可能です。

個人輸入を使う場合は、すべて自己責任であることを自覚してください。正しい治療方法は医師の診察を受けて、指示をもらうことです。個人輸入は、どうしても病院に行けない人が利用する方法であり、最終手段です。知識をしっかりと固めて購入し、服用するようにしてください。