信頼できるパートナーと関係を保ち続ける

性病に罹ってしまった後のことも考えることも重要ですが、性病にかからないことを考えることも必要です。多くの場合、感染は防げますが、それができないのが人間です。性病にかかりたくないのであれば、対策と罹りやすいシチュエーションを知っておきましょう。

治療薬の服用で治る病気

まず最初に性病は、それほど怖い病気ではないことを知ってください。症状が出たケースや感染が認められたときは、医薬品の服用で治療をすることができます。代表的な医薬品としてクラビットがあり、クラミジアや淋病、膣トリコモナス症といった症状を引き起す原虫や菌を殺菌してくれます。ただしすべての性病が発症をするわけではありません。女性は特に発症しないケースが多く、知らない間に他の人に移してしまうことがあります。セックスをした経験がある人、もしくは不特定多数といった人とセックスした過去がある人は検査を受けることをおすすめします。

信頼のあるパートナーを決める

性感染症にならないために重要なひとつとして、パートナーを決めることです。それだけで感染のリスクを避けることができます。もちろんパートナーが性病にかかっていないことが条件です。これだけで対策ができますので、推奨されるセックスのかたちです。また同性愛者の方も同じです。同性愛者はセックスをするパートナーの数が少ないことから、不特定多数の人と関係を結ぶことが多いです。同性相性も安心してできるセックスパートナーを決めて行うことが推奨されています。

コンドームの着用を常時行う

さらに対策を試みるのであれば、コンドームの着用がおすすめです。コンドームをすることで、感染する確率が激変します。パートナーを決めて、その上でコンドームをすることで強固される対策になります。特にゲイのセックスにおいて大きな効力を持ちますので、コンドームを付けてセックスをしましょう。

特にゲイに多い理由

同性愛者のHIV感染が後を絶ちません。その理由としてアナルセックスがあげられます。肛門はそもそもセックスをする器官ではありませんので、潤滑分泌ができないことで、粘膜が傷つきやすくなります。性病が感染しやすい状況になりますので注意しましょう。

もちろんオーラルセックスもセックスに分類されます。口腔内の感染もありますので、決められたパートナーとセックスをしましょう。